そうだ、一人暮らししよう

そうだ、一人暮らししよう

一人暮らしで使える節約術

一人暮らしをすると、お金の問題に様々な場面で直面します。
家賃、携帯代、光熱費、食費、交際費...
こんな時代なので、収入を増やすことは容易ではありません。
そこで、支出を抑えることが一人暮らしでは大きなポイントになります。
支出を抑える方法、すなわち節約の方法を1つご紹介したいと思います。
毎日欠かさず必要になる「食事」、ここの節約は地味に大きなものです。
外食(コンビニ等での購入含む)した場合、1食500円×3食分=1日1,500円。
単純計算で、1ヶ月(30日)で換算すると、月の食費45,000。
交際費が多い人は、もっとお金が使われていることになります。
昨今お弁当箱の機能も多様化し、「お弁当男子」なる言葉もよく耳にするようになりましたが、お弁当を始め自炊をすることで、おおよそ1/3程度に食費を抑えられるようになります。
仕事がある日に料理をするのは難しいと思いますので、週末などお休みの日に常備采を作っておきましょう。
これを1食分ずつ小分けに冷凍しておくと、毎日の自炊やお弁当作りに大活躍します。
ぜひ、試してみて下さい。

一人暮らしの節約のポイントは?

今の不景気な世の中、いくら稼ぐかということより、いくら節約できるかということが貯金をするためのコツです。一人暮らしの人の場合、水道光熱費、食費、衣服費、その他生活費は必ずかかってきます。それに加えて趣味やぜいたく品購入のための費用がかかります。
趣味やぜいたく品の購入を控えるということは、節約の基本です。上級者は、生活で必ずかかってくる費用すら最小限に抑えます。
ここで重要なのは、なんのために節約をするのかということです。多くの人は人生を豊かにするため、幸せをつかむために節約をするでしょう。水道光熱費、食費、衣服費、その他生活費をすべてギリギリまでおさえた生活が幸せといえるでしょうか?必要だと感じる部分にはお金をかけるということも重要です。
例えば、「お風呂が大好きなのでお風呂には毎日入る」、「おいしいものを食べることがなによりの幸せなので食費は減らさない」といった割り切りも大切です。そうでなければストレスが溜まって病気になってしまい、結果的に費用がかかるということになってしまいます。
一人暮らしの人にお勧めなのは、インターネットなどで知識を身につけるということです。例えば正しい洗濯の仕方と衣服の保存方法を知っていれば、衣服を長持ちさせることができ、費用を浮かせることができます。逆に洗濯の仕方を知らないと、すぐに服をダメにしてしまって費用が倍増します。知識や情報は宝です。

check

ロールケーキの販売

最終更新日:2017/12/1