そうだ、一人暮らししよう

そうだ、一人暮らししよう

一人暮らしの家具選びのポイント

念願の一人暮らしが叶ったなら、家具を選ぶことになりますよね。大好きなインテリアに囲まれての毎日はとても楽しいものです。
しかし、一人で生活する部屋はその広さに限りがあることがほとんどです。スペースを有効に使わないと、アッと言う間に部屋が物でいっぱいになってしまいます。それに、金銭的に余裕のないことも多く、無駄な家具の購入は避けたいものです。
一人暮らしの部屋の中で一番スペースを取るのは、やはりベッドです。であれば、ベッドは空間を有効に使えるものを選びましょう。ベッドの下に収納ボックスがあり、衣類やバッグなどかなりの物を収納できる物があります。また、二段ベッドのような形で、下のスペースがソファベッドになっている物やデスクや収納家具を置ける物もあります。下がソファベッドになっている物は、普段はソファとして使用し、必要な時にはお客様用のベッドとして使うことも可能です。ベッドに小物が置ける棚がついているデザインを選べばすっきり整理することもできます。
一人暮らしの家具選びのポイントは、一つでいくつかの機能を備えているもの、空間を有効に使える物を選ぶということです。それを基準にして自分の好みで選べば、快適な一人暮らしができることでしょう。

一人暮らしの家具選びのコツとは

一人暮らしとなると、自分の好きなようにインテリアを選べて、それを楽しみとしている人も少なくないと思います。
しかし、間取りや広さによって、個人差はありますが、家具は場所を取ってしまうのも事実です。
また、単身一人暮らしの場合、仕事や家庭の事情で引越も起こりうる状況にあります。
引越のとき、見積もりに影響も及ぼすのが家具の数や大きさです。
好きなデザイン、大きさの家具を選んだとしても、引越しの際、大きな荷物となってしまうのは悲しいですよね。
そこで、引越しでも邪魔にならない便利なものをご紹介したいと思います。
それは、ずばり「段ボール製の組み立て型」家具です。
最近ではいろいろなお店で取り扱っており、その種類も大きさも豊富に揃っています。
一人暮らしでは重い荷物も一人で運んだりしなければなりません。
しかし、この段ボール製のものであれば、中身を出してしまえば容易に持ち運びができます。
見た目のデザインは選べないかもしれませんが、機能と値段ではそのコスパは優れていると思います。
安価で部屋に統一感を持たせることもできるので、オススメです。

Favorite

2017/12/1 更新